木製建具・動く建具のオーダメイドメーカー

資格への取り組み

main690_skill

株式会社山崎では機械設備を充実させることと同時に、職人による手加工の技術の向上にも積極的に取り組んでいます。

株式会社山崎が作っている製品は、すべてがオーダーメイドであるため、ある工程まで機械加工を行い、最終の仕上げ作業は「人の手」によって行います。

そこで、株式会社山崎では、技術職社員に対して、技能士会主催の建具技能士試験の受験、資格取得を積極的に支援しています。

 

建具技術伝承に向けてへのチャレンジ

2007年、株式会社山崎を試験会場とし2名が受験しました。

この技能試験は年に1回技術試験と筆記試験からなっており、資格には1級と2級があります。現在、建具技能1級5名・建具技能2級4名の有資格者とともに、あらゆるニーズに対応できる技術と経験とノウハウを活かしながら、地域文化の向上に貢献いたしております。21世紀、これからも株式会社山崎では次代の夢に向かって積極的なチャレンジャーでありつづけたいと願っています。

 

建具設計製造企業として大地に立つ三本の柱

株式会社山崎 ロゴマークの意

logo

株式会社山崎ロゴマーク株式会社山崎のロゴマークはしっかりとした大地に三本の柱が立っている事を表現しているのです。

中央一番長い柱は社員、右2番目の柱はお客様、左3本目の柱は仕入れ業者を表現しております。建具設計製造企業として社員あっての会社「株式会社山崎」です。

この三者が、ともに利益を共有しなければ会社は長続きはいたしません。また、柱の上下がすべて右に上がっているのは、成長を意味しています。そして、下の楕円は、大地を表しています。社員の高い志こそがより良い製品づくりにつながるのです。

 

「良い建具技術は心から」6S運動

「企業は人なり!」と昔からよく言われますが、特に私たちの仕事は大量生産型ではなくすべてがオーダーメイドですので、打ち合わせをする人、製品を作る人、そしてそれを取り付ける人それぞれが高い志を持ち、社員一同が共有できれば、お客様に満足していただける製品が出来上がります。

株式会社山崎では、個々の人間力を高めるために、6S運動を推進しています。
6Sの定義については下記のとおりとし、「良い技術は心から」を信念とし日々努力しています。

建具設計製造専門企業としての6Sの定義

1.整理  必要な物と不必要な物を仕分けして不要な物を撤去、処分すること
2.整頓  常に必要な物を、すぐに使用できる状態にすること。
     また、納める場所を決めて明示し、使用後は正しく元に戻しておくこと
3.清掃  作業場所・事務所・休憩所などをごみもなく、汚れもない状態にすること
4.清潔  作業服及び食堂、トイレなどをきれいな状態にしておくこと
5.しつけ 職場での規則・規律(安全ルール)を明確にして全員が十分理解して
     正しく実行できるようにすること
6.習慣  前記5Sの必要性、重要性を認識し、分担と責任を明確にして
     日常から仕事の一部として習慣づけ自然に実行できるようにすること

高き志を持つ!建具設計製造スタッフ

心が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

 

建具専門メーカー社内教育・社外教育

毎年1回社員全員で他社の工場、もしくは仕入れている製品の工場見学などを行い、社員の知識向上と、工場のレイアウトや作業の効率化などについて勉強会を開催しています。

・社員食堂
・2年に1回の海外研修
・多能工化について
・提案チケット
・地域事業への参加(町内の行事の参加、PTA活動など)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.